耳に優しく触れるアートピアリング

お好きな花を適当な長さで水切りします。

「アートブローチ舞花」に花を挿していきます。 小花などを、横の穴から差し込むとより華やかに仕上がります。

花の位置を整え、下から出た茎をきれいに切りそろえます。 Vの字型に切るとスマートです。

  • ※茎の太い花を無理に押し込まないようにしてください。
    ※「アートブローチ舞花」や花についた水分を、しっかりふき取ってから着用してください。
     茎の切り口からの水分や色移りが心配な場合は、テープ等で茎の末端処理をされることをおすすめ
     いたします。

「アートブローチ舞花」には、ロジウムメッキ加工を施してありますので、 完成したコサージュを、そのまま水の中につけて保管しておくことができます。
前日に準備したコサージュを、お出かけの直前まで、水につけておくことができるので、生き生きとした美しい花を身に着けることができます。

「アートブローチ舞花」は、特許を取得したマジックピンを採用しているので、軽い力で簡単に着脱できます。
位置の微調整や付け直しもラクラク!
実用案特許 3152-089号

ピンを下にスーッと引くだけです。ピンは引いた位置でとまり、抜け落ちたり外れたりしないので安心です。

布地にピンを通し、上にスーッと押します。
ピンがキャッチに自然におさまります。

  • 1.使用後は花をゆっくりと引き抜きます。
    2.茎の繊維や汚れを、水洗いして落とします。
    3.やわらかい布でやさしく水気をふき取ります。
    ※汚れが酷い場合は、薄めた中性洗剤で拭き、水洗い後、
     優しく水気を拭き取って下さい。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

栞